彼氏に女友達とサシ飲み報告をされた 彼女がいるのに女友達と遊ぶ心理

彼氏から女友達と二人で飲みに行ってくるという報告をされたという経験はありませんか?

「え?彼女がいるのに女友達と遊ぶの…?」と疑ってしまいますよね。でも、浮気するつもりならわざわざ報告することもなさそうなものです。

そこで今回は、彼氏が彼女に女友達とサシ飲みの報告をする理由や彼女がいるのに女友達と遊ぶ心理についてお話しさせていただきましょう。

スポンサーリンク

彼氏が女友達とサシ飲みをする報告をする理由は?

たとえ友達であっても自分の彼氏が女の子と二人で飲みに行くのは当然嫌ですよね。しかし、それを禁止して束縛が強いと思われそうで言えない…ということもあることでしょう。

彼氏からは「仲の良い女友達だから、そういう関係じゃない」と説明されるかもしれませんが、それでも彼女からするとあまり良い気分ではないのは確かです。

なぜ飲みに行く報告をした?

ここでポイントとなるのが飲みに行くことを事前に報告したことではないでしょうか?

事前の報告には男性なりの誠意があることがわかります。浮気をするとき、わざわざ「今から浮気してくるね!」と報告する男性はいませんよね。そういった意味でも報告をしたということが浮気をする気はないという意思表示だと言えます。

このとき、あなたが彼の発言で注意しておきたいのは一緒に飲みに行く女友達の情報をどれだけ伝えるのかです。

浮気する相手の情報はあまり伝えない

人はやましいと思うは隠そうとしますよね。それとは反対に、やましい気持ちがなければ相手の信頼を得るためになるべくその人と自分の関係を明白にします。

つまり、飲みに行くという報告をしたときに、その女友達との関係をどこまで話したかでその子と浮気する可能性を測る事ができるのです。

もちろんあなたから「どこで飲むの?」や「何繋がりの友達?」と質問してみても良いでしょう。

もし、彼にやましい気持ちが少しでもあるのなら「なんで?」や「疑ってんの?」と、なるべくその女友達の話題から遠ざけようとするでしょう。もしかしたらその子じゃない違う子との約束を隠しているという可能性もあります。

【関連記事】行動心理で彼氏の嘘の見破る方法はこちら▽

最近、彼の行動が怪しい…帰りは遅いし、休みの日もあんまり会ってくれない。 「もしかして浮気?」と思ったあなた。 問いただ...

報告をするのはあなたに選択権を与えているから

彼氏からそんな報告されても嫌な気持ちになるだけ…と彼女なら思ってしまうかもしれませんが、男性がわざわざ報告するのには嫌なら嫌と言って欲しいという理由があるのかもしれません。

特に「行ってもいい?」といった聴き方をしてきた場合は『もし嫌なら嫌って言うかな』という期待も含まれています。

でもそこで嫌と言わなかったからと彼が自分への愛が少ないとは感じません。彼は自分の彼女は友達は友達と割り切った考えができる子という認識をするだけです。

あくまでも友達と主張する

中には「いや友達だよ?ただの!」と少し突っ掛かってくるという男性もいます。でもこれは浮気する気があるからではなく、「本当にただの友達」であることを主張したいだけです。

ただ、男性の方が女性に比べて恋人がいても異性の友達と遊びに行くことが多いです。「男女の友情は成立するのか?」という話を聞いたことはあるかもしれませんが、実はこれの考え方が男性によって大きく変わります。


スポンサーリンク

彼女がいるのに女友達と遊ぶ男性心理

彼女がいるのに女友達と遊ぶ報告をする男性は男女の友情は成立すると考えている可能性が高いです。

実は男女の友情については女性の方が肯定派が圧倒的に多いのですが、男性は相手が女性である以上は異性を意識してしまうという人の方が多いのです。

ここで重要なことは、男性は異性を感じる女性と二人きりで会うのに自分の彼女にわざわざ報告なんてしません。これは信用を得る事が難しいからです。心理学ではこれを情報開示という心理に当たるのですが、報告してくれている間は浮気ではない可能性が高いでしょう。

今後浮気に発展する可能性もあるので注意

彼女が女友達と遊ぶ彼氏に注意しなければいけないポイントについてお話ししましょう。

情報開示は相手に信頼されるために取る行動です。逆に言えば、相手に信頼されたと認識したら開示しなくなることもあります。これが一つ目のポイントです。

そして、男性の方が男女の友情は成立しないと考える人が多いとお話ししましたね。つまり、どんな男性でも女性を少なからず異性として見ています。友達だと思っていた人から告白されたという経験のある女性が多いのはこのためです。あなたの彼と女友達が二人きりで会うというの関係を放置すると彼は女友達に異性を感じる可能性は十分にあるというのが2つ目のポイントです。

この二つの条件が揃ってしまうと男性は浮気に対するハードルが下がります。浮気されやすい女性はこの二つを容認してしまう人が多いのです。

彼女側も報告を怠ってはいけない

この予防策としては、付き合っていく上でお互いの報告を怠ってはいけないということです。

これは、遊びに行くという彼からの報告もそうですが、彼女側であっても同じなんです。長く付き合えば付き合うほどこれはなあなあになってきてしまいます。たとえあなたが女友達と会う約束をしていたとしても彼への報告を忘れないこと。これがお互いの抑止力となります。

これを怠ると彼氏は「彼女も報告しないし俺もいっか」と報告をしなくなり、女友達と遊ぶことへの罪悪感が完全になくなってしまい、「浮気してもバレないか」という結果になってしまうのです。

彼氏が女友達と遊ぶのが嫌なら嫌と言う事がお互いのため

もし彼氏が女友達と遊ぶのが嫌だと思っているのなら嫌と言う事がお互いのためになります。

男性は女性の感情を読むのが苦手なので、あなたが心で嫌と思っていても口でいいよと言ってしまったら「いいって言ってたじゃん」と捉えてしまいます。これはお互いの不信感に繋がる可能性が大なので嫌なことは嫌と言いましょう。

ただし、真っ向から否定してしまうと彼のプライドも傷つけてしまうので、「二人でお酒を飲むのは嫌」や「二人きりじゃなくて三人以上で会うなら」と条件を軽くしてなるべくお互いが納得できる形にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。