LINEで自分の話ばかりする男性心理!承認欲求が強い人の特徴や対処法は?

聞いてもないのに自分の話ばかりする男性にうんざりした経験はありませんか?

特にLINEなどのメッセージアプリでは言葉のキャッチボール基本のはずなのに自分の話ばかりの男性…一体どうやって対処したらよいのでしょうか?

そこで今回は、LINEで自分の話ばかりする男性心理!承認欲求が強い人の特徴や対処法についてご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

LINEで自分の話ばかりする男性心理

自分の話ばかりする男性は承認欲求が強い?

まず、心理学では自分の話ばかりしたり、人の話を遮ってまで自分の話や意見などを発言するような人は“承認欲求が強い”と表現します。

簡単にいうと、承認欲求の強い人というのは、“他人から認められたいと願う感情”のこと。

…他人からすごいと思われたい
…自分の考えを認めさせたい
…特別な存在だと思われたい
…自分の行いを褒められたい

など、“他人の自分の評価を自己主張でコントロールしたい”という欲求です。

ちなみに、承認欲求は女性に比べて男性の方が強い傾向にあることがわかっています。

自分の話ばかりする人はあなたに好意を抱いている?

LINEなどの二人だけの会話やメッセージのやりとりで自分の話ばかりするということはあなたに認めてもらいたい…つまり、あなたに好意があるということなのでしょうか?

これは、”あなたに好意があるのではなくあなたが自分に興味があるのかを探っている心理”の状況下です。

人間の根本的な欲求で自分のことを認めてくれる人、褒めてくれる人を好きになるということがあります。

承認欲求の強い男性ほど、心の底では「誰よりも勝っていたい」という支配欲が強く、自分のことを認めてくれて、その支配欲を満たしてくれる女性を好むのです。

つまり、「自分はすごい!こんなに素晴らしい人間なんだ!」ということをアピールして“あなたが自分にふさわしい女性かどうかを見極めている”のです。

承認欲求が強い人の特徴

さて、自分の話ばかりする男性は承認欲求が強いということがわかりましたが、承認欲求の強い人の特徴とは一体どのようなことが挙げられるのでしょうか?

そこで承認欲求の強い男性の見極め方について紹介していきたいと思います。

当てはまる数が多いほど、相手の男性は承認欲求が強い傾向にあるのでチェックしておきましょう。

聞いてないのに自分の自慢話や昔話をする

一般的に、承認欲求の強い人の最大の特徴とされているのが、聞いてもないのに自分の自慢話や昔話をするということ。

自分の人生がどれだけ充実しているか、自分がどれだけ過去苦労してきたかなど「その話、誰得?」な話を平気でしてしまう人がいますが、これも承認欲求の強い人の“他人に認めたれたいという主張”です。

「俺はこう思う」や「俺だったらこうする」など自分の意見ばかり言う

あなたの小さな悩みから世間的なニュースなど、俺はこう思う。や、俺だったらこうする。など「自分なら」という主張をするのも自分の考えがどれだけ優れているかという主張です。

こんな人は挙げ句の果てに「こうするべき」と求めてないのに自分の意見を押し付けてきます。

「〇〇ちゃんって〇〇でしょ?」と決めつけたり同意を求める

あなたのことをよく知りもしないのに「〇〇ちゃんって〇〇でしょ?」と、勝手にあなたの性格を決めつけてくるのも承認欲求が強い証拠です。

「君よりも僕の方が優れているから君のことなんてお見通しさ」という相手を見下したような考えを持っているから勝手に推測して決めつけてしまうのも、自分が優れていると認めて欲しいからです。

LINEやSNSのアイコンをよく変更する

承認欲求の強い人というのは、目立ちたがりな傾向も強いです。なので、LINEやSNSのアイコンを変えることで自分の存在を他者にアピールしたいのです。

つまり、誰かに反応してほしい、自分を気にかけて欲しいという心理が強いのですね。

SNSの更新が多い

承認欲求の強い人は孤独を感じやすい寂しがり屋が多いのも特徴。

他人から必要とされず、いなくても良い平凡な人だと思われることに恐怖心を感じるため、何か秀たものや他の人が憧れるようなことをSNSなどに投稿することで充実した自分を他人にアピールして自分を満たすということをします。

そうすることで他人からの評価を上げようとしているのです。

自分のミスでも相手のせいにする

承認欲求の強い人は「自分は間違っていない、なぜなら自分は他人よりも優れているから」という心理から自分のミスを平気で人のせいにすることがあります。

自分の非を認めないので、自分の意見を根本から否定されると機嫌を損ねる傾向が強いです。

家族や身内びいき

承認欲求の強い人の承認欲求の対象は自分だけではありません。

承認欲求の強い人の承認欲求の対象は家族や友達などの身内関係も含みます。

身内に非のあるトラブルに関してはその”真意を無視して盲目的に身内をかばう性質”を持っています。

隠蔽体質があり、嘘をつくのも平気なため自分の仲のいい友人等に紹介するのはおすすめしません。

仕事は頑張る

承認欲求の強い人は”褒められたがりの目立ちたがり”です。

自分は頑張っている。自分はちゃんとしている。ということをアピールするために仕事は頑張る傾向が強いのです。しかし、他人のやり方より自分のやり方の方が優れていると勝手に判断してついつい自己流になりがちです。

熱しやすく冷めやすい

承認欲求の強い人は人に認められたい気持ちが人一倍強いため何かに熱しやすい傾向も強いです。

ただ、スタートダッシュは頑張りますが、気分が萎えるのも早いです。持久力がないのも承認欲求が強いのも特徴で、熱し易く冷め易い傾向にあります。

他人をよく褒める

承認欲求が強い人は自分自身もそうですが、他人を褒めることにも喜びを感じます。

自分自身が褒められることで欲求が満たされるので他人に対しても褒めることを怠らないのです。

ただ、他人をランク付けしてみたり、自分の居場所やキャラに異様にこだわる傾向も強いです。


スポンサーリンク

承認欲求が強い男性のLINEの対処法は?

承認欲求が強い人は実は”自分に自信がない人が多い”です。

他人に褒められる経験が少なかったり、幼少期に否定されてばかりいたというようなことが原因となる場合が多いのです。

いくら努力しても報われないという経験から異常に“他人に認めてもらうということに固執する”のです。

そんな男性とのLINEのやりとりでの対処法はどのようなことがあるのでしょうか?

褒めてあげる

相手の男性と関係性をよくしたい、恋愛関係にあるようなら、1番の対処法としては“相手の男性を褒めてあげる”ことです。

その人がする自分の話というのは他人からしたら「誰得?」な話でもその人にとっては自分が他人に誇れる話なのです。

つまり、あなたがその話に興味があるかないかではなく、自分の経験がどれだけ素晴らしかをアピールしたいだけ。

その話を盛り上げようとあなたが掘り下げても大した話はもう出てきません。

なので、「そんな経験してるんだ!経験豊富ですごいね!」と褒めてあげること。

承認欲求の強い人は“自分のことを認めてくれる人に親近感や好意を抱く”ため、自分を尊敬してくれる人のことを大切にします。

ブロックしてしまう

自分アピールがあまりにしつこく、関係性が薄いようならLINEはブロック、または既読スルーして”あまり関わらないようにした方が良い”かもしれません。

承認欲求が強い人は「自分が一番でないと気が済まない」という傾向が強いため、恋愛では”あなたの中の一番でなきゃ気が済まない”というタイプが多いです。

そのため、あなたを他の男に取られたくないという“嫉妬心も抱きやすいタイプ”のため、ストーカー化したり、付き合うと束縛が激しいタイプが多いです。

しかも、自分の非を認めないところがあるため、それによってあなたを傷つけているという自覚もない場合があります。

あまりにも自分アピールの激しいタイプはブロックや既読スルーなどで深く関わらない方が良いでしょう。

承認欲求の強い人は悪い人ではない

いかがでしたか?

承認欲求の強い人というのは、いわば自分が中心にいたいというだけで悪い人というわけではありません。

自分の居場所が欲しいだけで、それを他人に認めて欲しいだけの甘えん坊なのです。
恋愛面では少し面倒に感じるタイプですが、友達としてならば友達想いのいい人です。

ただし、友達だと言っても女性のあなたが男性の承認欲求を満たすことで相手の男性があなたに好意を抱き始める可能性は高いです。

あまり近づき過ぎず、良い距離感を保ちましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。