お酒で太らない方法!おつまみが太る原因?飲み方は?


お酒が大好きで毎晩晩酌している方や、

会社の付き合いでお酒を飲まなければいけない方。

やはりみなさん気にされるのは、

お酒によって太ってしまうのではないか?という心配だと思います。

しかし、お酒は本当に太るのでしょうか?

ダイエットもしたいけれどお酒が好き、

飲む機会が多い方にお酒を飲んでも太らない方法や、

お酒で太る原因についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

お酒を飲んでも太らない方法は?

お酒が好きで毎晩晩酌する方も、付き合い等でお酒を飲まなければいけない方も、

どうしても気になるのはお酒で太ってしまうのではないかという心配ですね。

しかし、そもそも本当にお酒で太るのでしょうか?

カロリーの低いお酒・高いお酒

お酒にもカロリーがあり、種類によってカロリーの高い低いがあります。

各種アルコールのカロリーは次の通りです。

ビール…約40kcal

ワイン(赤/白)…約73kcal

日本酒…約105kcal

焼酎(乙類)…約145kcal

梅酒…約156kcal

焼酎(甲類)…約205kcal (サワー等には焼酎甲類が使われています)

ウイスキー…約237kcal(ハイボールはウイスキーが使われています)

ウォッカ…約240kcal

ラム…約240kcal

ジン…約284kcal

※表示は全て100mlあたり
kcal…カロリー

全て100mlでのカロリー表示になっているので、ビールが低カロリーでも、

実際に飲む時はジョッキなどで飲むので摂取カロリーはもっと高くなるため、

グラス一杯に換算するとウイスキーなどの蒸留酒よりも

ビールの方がカロリーは高くなります。

お酒のカロリーは太らない?

お酒のカロリーはエンプティカロリーだとされています。

エンプティカロリーとは内訳に脂質などの栄養素が含まれていないカロリーのことで、

体内に蓄積される必要のないカロリーのため優先的にエネルギーとして消費されます。

つまり、お酒のカロリーの大半の脂質は体内に蓄積されることがないため、

お酒自体が太る原因にはなりにくいということです。

お酒と一緒に食べるおつまみが太る原因!

お酒はエンプティカロリーでお酒自体が太る原因にはなりにくいと前記しました。

では、お酒を飲むとき何が原因で太るのでしょうか?

それは、お酒と一緒に食べるおつまみが原因です。

エンプティカロリーは、優先的にエネルギーとして消費されるカロリーです。

スポンサーリンク

つまり、お酒のカロリーが消費されるまでの間、

他から摂取したカロリーを消費しません。

結果、余ったカロリーは脂肪として蓄積されるのです。

お酒には食欲増進の効果がある

アルコールには胃液の分泌量を増やす効果があり

消化を促す効果があるため食欲を増進させます。

特にビールやワインに含まれる炭酸ガスは胃壁を刺激し、胃の活動を活発化します。

そしてアルコールを分解するときに使われるエネルギー源が糖質(炭水化物)と、

お酒の利尿作用により尿と一緒に塩分も体外に排出してしまうため、

高カロリー高たんぱく質の食べ物を欲していまいます。

お酒の飲み方で太らないように気をつける点は?

では、どのような飲み方をすればお酒を飲んでも太らないのでしょうか?

お酒を飲むときに気をつけたいことをご紹介します。

お酒の種類

お酒自体は太る原因にはなりにくいと前記しましたが、

お酒の中にもアルコール由来の糖質を多く含むものがあります。

このようなお酒は糖質が脂肪のもとになってしまうので

たくさん摂取すれば当然太る原因となってしまいます。

日本酒やビールには糖質が多く含まれており、

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はほとんど含まれていません。

【炭水化物量(100mlあたり)】

梅酒…約21g

日本酒…3.5〜4.9g

ビール…3.1〜4.9g

ワイン赤…約2.0g

ワイン白…約1.5g

焼酎(甲/乙)…0.0g

ウイスキー…0.0g

ウォッカ…0.0g

ジン…約0.1g

ラム…約0.1g

焼酎やウイスキーで割ったサワーやハイボールなどのカクテルは、

太りにくいお酒と言えるでしょう。

お酒を飲む前に何かお腹に入れておく

空腹の状態でお腹にお酒を入れて何かおつまみを食べると

アルコールのカロリーから先に消費するため脂肪が蓄積されるといいました。

しかし何も食べないのはアルコールによって分泌される胃液によって

胃壁が荒れる原因となってしまいます。

胃酸で日が荒れるのを防ぐため脳が食欲を増幅させ、固形物を取り込もうとします。

それを防ぐために、食前に軽食を摂っておくことが効果的です。

食前にはチーズなどが入ったサンドイッチを摂ると、

炭水化物や飲酒で失われる塩分や糖質を摂取できます。

もう一つの方法として、お酒を飲む際に一緒にチェイサーとして

経口補水液を飲むとお酒によって失われる塩分や糖質を補うことができます。

塩分や糖質が体に留まることで体がカロリーや炭水化物を欲しなくなるとされます。

最後に

そもそもお酒のカロリーは人体にとって不必要なエネルギーです。

太る原因にはなりにくいと言っても健康的に体型を維持したいのならば、

飲まないに越したことはありません。

あくまでもお酒は計画的に飲み過ぎないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。