彼女の機嫌が直らない理由は?彼女の不機嫌を直す方法の女性心理!

女性は一度機嫌を損ねてしまうとなかなか機嫌を直してくれませんよね。

男性ながらに「女ってめんどくさい!」と思ってしまうかもしれませんが、彼女が機嫌が直らない理由は、あなたの謝り方に問題があるのかも?

そこで今回は、彼女の機嫌が直らない理由や彼女の不機嫌を直す方法についてお話ししていきますね!

スポンサーリンク

彼女の機嫌が治らない理由は?

あなたがどれだけ謝っても彼女が機嫌を直してくれない!

その原因とは“男女の脳の違い”が関係しているのです。

男性の多くは謝り方を間違えている?

「女は些細なことでキレる!」
「すでに謝った過去の失敗を何度も蒸し返してくる…」

こんな経験はありませんか?

そもそも、女性と男性は思考回路の構成や信号特性が全く別物。

そう、ほとんどの男性は、女性への”謝り方”を間違えているのです。

女性には「何が正しくて何が正しくないのか」と議論しても全く埒があきません。

むしろ「私のことを理解してくれていない!」と否定された気分になってしまいます。

例えば、会議が長引いて携帯での連絡も取れず、デートに30分遅刻してしまったとき、男性は、

「ごめん!会議が長引いて遅れちゃった!」

と、“遅刻した理由”を付けて謝罪しますよね?

これでは女性は納得しません。

ここであなたがしなければいけないのは、あなたが遅れてきた理由よりも”彼女が30分待ったという気持ち”を汲み取って謝罪することです!

女性は結果よりプロセス重視!

女性の脳は、あなたが遅刻したという結果よりも、“不安や心細思いをしたという経過”に感情の重きが置かれているのです。

男性の脳は“結果重視”なので、彼女が遅れてきても笑顔で走ってきてくれて満面な笑みで「遅れてごめんね!」の一言で許してしまいますが、プロセス重視の女性脳はそんなわけにはいかないのです!

では、そんな女性脳を納得させて機嫌を直してもらうにはどのように謝罪するのが正しいのでしょうか?


スポンサーリンク

彼女の不機嫌を直す方法の女性心理!

女性の気持ちに言及して謝る

まず、女性に許してもらうには真摯に謝ることです。

いくら言い訳をしても怒っているという結果は変わりません。

女性の機嫌を直したい時は“気持ちに言及して謝る”ことが大前提です。

「不安な気持ちにさせてごめんね…」
「寂しい思いさせてごめんね…」

と、喧嘩した時や自分がした失態をした時に“女性が感じたであろう感情”に言及して謝りましょう!

女性は傷ついているサインを出す

女性は、機嫌を損ねるとわかりやすい言葉や態度で“傷ついているサイン”を出してくれます。

「なんでいつもそうなの?」
「なんでわかってくれないの?」

と、これらは傷ついていることを知らせるサインです。

このサインに男性は言い訳や反論をしてしまいます。

これは絶対にNGです!

ここでしっかり謝っておかないと「キレる」「別れる宣言」など女性の逆鱗に触れてしまうのです。

先ほども言及した通り、

彼女が怒っている時は彼女の”気持ちに言及して謝る”ことが鉄則。

「どうしていつもそうなの!?」

という彼女の言葉に対し、

「嫌な思いをさせてごめんね。」

と男の子なら反論したい気持ちはグッとこらえましょう。

「わかってるならなんでするの!?」

と、追及されても、

「不器用でごめん。自分でも嫌になるよ…」

と、あくまでの失敗してしまった結果より、気持ちに言及して謝りましょう!

女性は察してくれないことに傷つく

女性は、“察してくれないことには傷つく”生き物です。

女性の「なんでわかってくれないの?」に対して「言わなきゃわかんないよ」NG

女性の察してくれないに対しては「気づかなくてごめん」が正解です。

ちなみに、女性が“約束を守らない”“してくれない”に対しては”怒りの感情”が湧きます。

こんな時は約束を守れなかった言い訳やしてあげなかった理由を話してはダメ。

「嫌な気持ちにさせてごめん」が正解ですよ!

俺には君しかいないんだ!

いかがでしたか?

どうしても彼女の機嫌が直らない時は、最終兵器“俺には君しかいないんだ!”と使いましょう。

「俺みたいなダメ男は君じゃないとダメなんだ」
「俺みたいな男を好きになってくれるのはお前だけだ」

と、言ってみましょう!

女性は、”特別扱いされるのが大好き”です。

どんなに機嫌が悪くても自分を聖母マリア様扱いしてくれる男性には“仕方ないなぁ”と許してしまう場合が多いです。

女性脳をしっかり理解して彼女の気持ちに言及して機嫌を直してもらいましょう!

彼女に既読無視される?そんな悩みにはこんな記事がおすすめ!
彼女がLINEを既読無視するようになった理由や女性心理は?対処法は?

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。