日焼けを治す方法は?日焼けあとを残さない!日焼け後の美白ケア方法!

5月になると夏ももう間近、日差しが強くなりますね。それに伴なって紫外線も強くなります。
実は5月の紫外線は8月の紫外線と同じくらいの強さで一年で最も紫外線が強くなる時期でもあります。
うっかり気を抜いて日焼け止めを塗らずにいたらうっすら日焼けしていた!なんてことも…

不注意でしてしまった日焼けをなんとかなかったことにしたい。そんな時、どんなケアをしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

うっかりできてしまった日焼けを治す方法は?

5月に入ると日差しが強い日も多くなり、うっかり日焼けしてしまっていた…なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか?実は紫外線の量というのは晴れていても曇っていても同じということはご存知でしたか?日差しの強くない日だからといって紫外線対策を怠るとうっかりいつの間にか日焼けをしてしまいます。

そもそも、日焼けというのはお肌かやけどした状態です。まずは、その火傷してしまったお肌を沈静化させることが一番重要です。軽度重度関係なく、一刻でも早く冷水で冷やしたタオルや保冷剤を使って火照りのある部分や赤くなっている部分を冷やして炎症が起こることを防ぎましょう。冷水のシャワーや水風呂に入るのも効果的です。冷やすことでその後の日焼けした肌質の明暗が大きく分かれるとも言われています。ケアのしやすさもこの第一段階を踏んでいるかで大きく変わることでしょう。

日焼け後すぐに冷やすなどの対応をしても、その後の経過やケアの仕方でも日焼けした肌質は大きく変わってきます。特に、女性なら誰でもこんがり焼けしまった肌を元の白い肌に一刻も早く治したいですよね。

そこで、うっかり日焼けしてしまった肌を治すためにはその後具体的にどうしたら良いのでしょうか?

日焼けあとを残さないために後処理はどうしたら良い?

日焼け後すぐの対応として日焼けしてしまった肌を冷やすとありましたが、炎症を防ぐための日焼けの沈静化なので、日焼け後が残ってしまうことには変わりはありません。では、日焼け後を残さないためにはその後の後処理はどのような方法でケアするのが効果的なのでしょうか?

化粧水や乳液を使う

しっかりと日焼けあとを冷やしたら日焼け部分の保湿を行いましょう。日焼けした部分というのは肌が水分不足になりがちで、化粧水でしっかり水分を与えてあげることで日焼けあとだけではなくシミの予防にもなります。使用する化粧水は敏感肌の化粧水を使用しましょう。

普段化粧水をつけるときはコットンを使う人が多いと思いますが、日焼け後の肌は傷つきやすくなっているのでコットン繊維により摩擦ダメージの影響を受けやすくなっています。なので、化粧水を日焼けあとに使う場合は手のひらで肌に塗ることをお勧めします。

肌に化粧水を塗ったあとは、水分が逃げてしまわないように乳液でお肌に蓋をしましょう。

こまめに水分補給をする

日焼けした肌は水分不足状態なので、身体の内側からも水分の補給をしてあげることでしっかりとアフターケアしましょう。水分を多く摂ることで肌の新陳代謝を良くすることができます。新陳代謝が上がると皮膚の生まれ変わりが早くなると言われており、たくさん水分を摂取することで日焼けの治りが早くなると言われています。

食事でアフターケア

日焼けした後はシミやシワの原因である活性化酸素が大量に作られます。抗酸化作用のあるビタミンA、C、E、βカロチンを含む食材を摂取して、体の内側からシミやシワの予防もしましょう。

スポンサーリンク

ビタミンA

ビタミンAには、肌の生まれ変わりを促進し、肌の乾燥を防ぐ効果があるにんじん、小松菜、しそ、うなぎ、レバーなどに多く含まれます。

ビタミンC

ビタミンCには、シミや色素沈着の元となるメラニンの生成を抑える効果があります。レモンやグレープフルーツのどの柑橘類、緑黄色野菜、キウイ、いちご、アセロラなどに多く含まれます。

ビタミンE

ビタミンEは、ビタミンCの含まれる食材と一緒に摂取することにより、日焼け後の肌の回復効果を上げることができると言われています。逆に不足するとシミになりやすいので注意しましょう。アボカド、ナッツ類、大豆製品、豚肉などに多く含まれています。

βカロチン

βカロチンには、活性化酸素の生成を抑える効果があります。にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、トマト、レバー、チーズなどに多く含まれます。

日焼け後はしっかり美白ケアをしましょう!

ビタミンには美白効果のあるものも多くあり、紹介したビタミン類は肌新陳代謝の促進や肌の回復以外にも肌の美白効果があります。特にビタミンCにはメラニンの生成を抑制する効果があるので、美白にピッタリです。日焼け後、肌が落ち着いてきたらビタミンCなどのメラニンの生成を抑制する成分の入った美白アイテムを使用することがおすすめです。美白成分は刺激の強いものが多いので、肌が炎症や赤みが治まってから使用するようにしてください。

最後に

日焼け後は乾燥が大敵でアルコールやカフェインは乾燥や脱水症状を悪化させるので控えることが望ましいでしょう。特にアルコールには日焼けを促進する効果があるので要注意です。

日焼けは正しく対処すれば元の白い肌を取り戻すことができます。しっかりアフターケアをして日焼けあとを残さないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。