好きな人とのLINEがおやすみで終わった次の日におはようと送ってもいい?

気になる男性とのLINEで彼から「もう遅いから…」と「おやすみ」のLINEが来てしまった…。そんな経験ありませんか?

おやすみとLINEが来た以上今日はここまでと寂しく思う反面、明日の朝「おはよう」とLINEしてもいいのでしょうか?

今回は好きな人とのLINEがおやすみで終わった次の日の朝におはようと送ってもいいのか?という疑問についてお話しさせていただきますね。

スポンサーリンク

好きな人とのLINEがおやすみで終わった次の日におはようと送ってもいい?

気になる男性とのLINEで「おやすみ」と言われると寂しく思うという人も多いでしょう。本音はもうちょっとLINEしていたい…と思うのが普通ですよね。

しかし、好きな人とは常に連絡を取っておきたいものですよね?そこで、彼とのLINE途切れさせないためにおやすみとLINEが来た翌日の朝に「おはよう」とLINEしてもいいものなのでしょうか?

LINEがおやすみで終わった次の日の朝はおはようと送るべき?送らないべき?

好きな人とのLINEがおやすみで終わった場合、出来ることなら翌朝に「おはよう」のLINEは送った方がいいでしょう。ただし、あなたがおやすみに対して返信したかしてないかによっておはようと送っていいのかは変わってきますので注意が必要です。

おやすみに返信していない場合はおはようと送った方がいい

おやすみと相手から言われたとき、あなたがそのおやすみに返信をしていないのであれば朝起きておはようとLINEを送った方がいいでしょう。昨日のLINEの延長として朝にこちらからLINEを送っても不自然ではありません。

彼とのLINEを続けたいのであれば尚更「おはよう!よく寝れた?」や、次の日の夕方などに「昨日は私も寝ちゃった!もう家?」とLINEを続ければ相手も不自然には思いません。

スポンサーリンク

おやすみにおやすみと返信をしてしまった場合はどうする?

では、彼からのおやすみに対してあなたがおやすみと返信してしまっていた場合はどうすればいいのでしょうか?

あなたがもし、彼からのおやすみに対して返信していないのであれば翌朝のおはようのLINEは我慢した方が良いでしょう。

その理由は、LINEが完全に終わっているのにおはようと続くLINEは付き合っていない相手にとっては不自然に感じてしまうからです。

ちなみに、あなたと相手が絶対に両想いであるという場合はおはようのLINEは送っても良いでしょう。むしろ送るべきです。

では、片思いである場合、相手とのLINEを続けるためにはどうしたら良いのでしょうか?

方法その1:翌日の夕方にLINEを送る

まず方法としては、翌日の夕方にLINEを送ることです。つまり、時間を空けてLINEすれば不自然さは感じないということです。

学校や仕事終わりの時間に、「仕事(学校)お疲れ様!昨日はよく寝れた?」と時間を空けてLINEをすれば良いでしょう。

男性はガツガツした女性は少し引いてしまうことがあるので、翌朝起きて「おやすみ」のLINEの後に「おはよう」とLINEが来ているとガツガツした印象になってしまいます。夕方ならばあなたからのおやすみに既読は付けているはずなのでその日の夕方にLINEが来ていても不自然には思いません。

あくまでもがっついている印象だけは避けるようにしましょう。

方法その2:写真を送る

よく、好きな人にLINEを送るって言ってもなんて送ったらいいの?という悩みを耳にします。共通点の多い相手ならいいですが、確かに好きな人へのLINEはなんて送ればいいものか悩むものですよね。

その場合は写真を送るという方法がおすすめです。その日に撮った写真でも、ネットで拾った変な画像でもいいので話題になるような写真をLINEで送るというものです。それに「今日こんなの見つけた」や「これめっちゃ笑ったんだけど!」といったメッセージを一緒に送ります。

男性同士のLINEのやりとりで写真が送られてくることはあまりないので相手も珍しく感じてあなたに対して好感が持てるということもあり、好印象を与える可能性があります。

ただし、コメントしづらい写真でないかよく考えてから送るようにしましょう!

無理しておはようと送る必要はない

いかがでしたか?

LINEを毎日続けたいからとおやすみで終わったLINEに翌朝おはようのLINEは送ってもいいですが、無理に送る必要はありません。

というのも、男性はしつこい女性にあまり魅力は感じません。なので忘れたくらいにLINEがくるくらいの方が相手を意識するものです。

夕方くらいに「お疲れ様!」とLINEが来る程度の方が良い距離感の縮め方とは言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。