男性に会いたいとLINEで言われた時の返し方 好きじゃない人を断る方法は?

好きじゃない人からの、会いたい。あなたはなんて断っていますが?

LINEなどSNSを使って気軽に相手とコミュニケーションを図れるようになった分、相手を傷つけないように断るのって難しいですよね。

そこで今回は、好きじゃない男性からの会いたいを断る方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク
  

会いたいとLINEで言われた時の返し方ってどうしたらいいの?

男性から、「会いたい」と言われてどう返信したら良いのか悩んだ経験のある方も多いと思います。

特に好意のない相手に対して相手を傷つけないように返信しないと。と考えてなかなか良い断り方が思いつかない…なんてこと、ありませんか?

返信の仕方次第では相手の男性に勘違いさせてしまったり、誤解を招いていしまったりする可能性があるあるので、その点を注意して返信しなければいけません。

好きじゃない人からの会いたいはきっぱり断る

好きじゃない人からの「会いたい」に対して断る返信をする場合は、曖昧な返答が一番危険です。

好きじゃない男性からの会いたいや、デートのお誘いの断り方の原則は、

「誠実に時間をかけずきっぱり断る」

相手との関係が今後も続くようならなおさら、相手との今後の付き合いを踏まえてうまく断る必要があります。

自分に好意を持ってくれたこと、勇気を出して気持ちを伝えてくれたこと、デートに誘ってくれたという相手の気持ちをうまく汲み取って誠実に対応しましょう。

こんな断り方は絶対にダメ!

好きじゃない人からのお誘いの断り方の前に、相手からの会いたいやデートの誘いに対してやってはいけない断り方をご紹介します。

あなたはこんな断り方、今までにしていませんよね?

未読、既読スルー

相手の好意に対して未読スルーや既読スルーはもっともしてはいけない行為です。

相手に勘違いをさせないようにと行った行動もあなたの行動は相手を傷つけるだけ。今後の相手との関係は最悪になるし、あなたは常識のない人と逆にレッテルを貼りかねない行為です。

返信してないのに何件も送ってくる、あまりにも誘いがしつこい相手でなければ必ず返信だけはするようにしましょう。

相手のことが好きじゃないと断る

きっぱり断るということを勘違いして受け取るのも危険です。

スポンサーリンク

「異性として見られない」
「タイプじゃない」
「勘違いさせたくないから」

など、一見気がないことをはっきり伝えるのも一つの優しさではありますが、相手は自分が恋愛対象外と言われたらショックです。

特に男性はプライドの高い生き物なので自分が異性として見られていないと知ったらショックを受けてしまいます。

相手の格を下げないような断り方をしましょう。

別の予定がある

その日は別の予定がある。という断り方もNG。

これは相手に「じゃあ別の日なら…」と勘違いさせてしまいます。確かにきっぱり会うつもりがないと断るのは気がひけるかもしれませんが、相手にまだ脈があるかのような勘違いをさせてしまうのはダラダラと関係を長引かせるだけ。思わせぶりな返答には気を付けましょう。

男性からの会いたいをうまく断る方法は?

では、男性からの「会いたい」や、デートのお誘いをうまく断るにはどうしたらよいのでしょうか?

原因はあくまでも私。断る理由は自分主体にする

相手を傷つけないようにお誘いや好意を断るときに意識したいのは、「原因を自分に置く」ということです。

あくまでも断る主体が相手ではなく自分にあるということで、断るにしても相手への伝わり方が柔らかくになります。

会いたくない、デートしたくない。ではなく、

「今は仕事に集中したいので恋愛する余裕はない」
「夢があってその勉強に集中したい」
「好きな人がいるので今は他の人とは考えられない」

といった、

「あなたと恋愛できない理由はあなたではなく私にあります」

というような断り方をします。

あなたに本当に好意を持ってくれている男性ならあなたの気持ちを尊重してくれるはずですし、原因が自分にないとなると自分ではどうしようもできない心理になるため、会いたい気持ちやデートしたいという気持ちを諦める方向へ心も動きます。

つまり、「自分が解決できることではない」ということを相手を傷つけずに思わせることがポイントです。

ごめんなさいと誠意を持って謝罪と共に伝えることでさらに効果があり、そんなに「あなたのせいではないよ」という空気になれば男性も諦めがつきます。

あえて自分を悪者にすることがポイント

いかがでしたか?

相手を傷つけないように気を使っていると言うよりかは、自分を悪者にして相手の同情を引く断り方が結果的に相手の男性も傷つけず、自分のイメージも下げないことに繋がります。

恋愛の駆け引きの方法としては、相手の男性を傷つけず、後味も悪くなくその後の関係にも影響が最小限になる方法ではないでしょうか?

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。