女性にLINEで会いたいと言われたら?脈ありの返事と脈なしの断り方

女性は時に自分の感情ストレートに表現してくるときがあります。そんな女性のストレートな発言に悩まされたという経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

特に女性からの会いたいアピールは少し戸惑ってしまうことがありますよね。

そこで今回は、女性にLINEで会いたいと言われた場合の脈ありの返事と脈なしの断り方についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

女性からLINEで会いたいと言われた時の返事は?

女性から会いたいとLINEやメールで言われて、なんて返信しようか戸惑ってしまうという経験はありませんか?

今すぐ会える状況ならまだしも、脈ありの場合でも仕事が忙しかったり、遠距離だったりといった「今すぐには会えないんだよなあ…」という状況。あるいは、全く脈なしなのに相手の女性の猛アピールに押されて…など、こんな場合は返事に困ってしまいますよね。

そこで今回、女性からLINEやメールで『会いたい』と言われたときの、

・あなたの気持ちが彼女に脈ありのパターンの返事
・脈なしのパターンの上手な断り方

の二つのパターンについてご紹介します。

女性が付き合っていないのに会いたいという心理は?こちらの記事を参考に!

付き合っていない女性から『会いたい』と言われたことってありませんか? 恋愛は駆け引きとは言いますが、女性がそんなストレートな愛...

会いたいと言われた相手が脈あり女性の場合の返事は?

状況を考えた素直な返信はNG!

相手の女性にあなたも好意を抱いていて今すぐ会いに行けるという状況なら、返事に困ることはありません。ですが、そうではない状況に女性から『会いたい』と言われたらちょっと返事に困ってしまいますよね。

こんなとき、多くの男性がやってしまいがちなのが「ごめん、今日は忙しいんだよね」や「いや、遠いし」とド素直に現実的な状況を話してしまうことです。

こんな返事をしてしまうと女性は「そんなん知ってるわ!」と思ってしまいます。

女性が好きな男性に『会いたい』と言うのは、実は“会いたいから会いたいと言っているのではない”のです。

女性はあなたの愛情を量りたい

今すぐには会えないということを理解した上で『会いたい』と女性が送ってくるのは、「この人も私に会いたいと思ってくれているか?」という『あたなとの愛情の深さ』を量りたいというのが本音です。

女性は、会えない期間が続くと“私たちって本当に恋愛関係にあるのかな?”と不安になります。

付き合っている場合は特に“関係が冷めていないか”と、付き合う前ならあなたの“熱量”が一時的なものだったのではと不安に駆られるのです。

そのため、一見ストレートに愛情表現をしているように思えるこの『会いたい』というメッセージは、本当は聞きたいけど聞けない「私のこと、好き?」という本音を遠回しに聞いているのです。

恥ずかしくても「俺も会いたいよ」と返信してあげる

女性が最も期待している返事というのは、『“俺も”会いたい』という女性の想いに対して自分も同じように感じているという返答です。

『俺も会いたい』と女性に伝えるのは、なんだか気恥ずかしい気持ちになってしまいますよね。でも、女性があなたに期待しているのは、”俺も同じ気持ちだよ”という返事。女性はこの人も自分と同じ気持ちでいてくれてるんだと共感を得ることで安心するのです。

例えば、ストレートに『会いたい』と伝えるのが恥ずかしかったら、「今から会いに行こうかなー(笑)」など、冗談混じりでもいいから『会いたい』という意思があることを伝えてあげるだけで女性は安心します。

ここで、真面目に「明日仕事だから今日は無理。次の休みの予定は?」など、夢から覚めるような現実的な発言は相手の女性は「こいつマジか…」と一気に冷めてしまいます。あくまでも相手の女性が恋愛という夢から覚めないように返事をしてあげましょう。


スポンサーリンク

脈なしの女性から会いたいと言われた時の断り方は?

「いい人でいたい」という気持ちは捨てる

まず、相手の女性に対して自分の気持ちが“脈なし”の場合、女性に『会いたい』言われたときは「いい人でいたい」という願望を捨てることです。

女性を勘違いされる男性の多くは、女性につい優しくしてしまう“いい人”がほとんどです。その“いい人”がつい出てしまい、「断ろう…」と決心してもつい自分の中の“いい人”が出てきてしまい相手の女性に優しく接してしまうのです。

断ることは悪いことではないと認識する

まず、認識して欲しいのが「断ることは悪いことではない」ということです。気がないのに気のあるフリは却って失礼に当たります。

例えば、仕事で明日、“得意先に断りの電話を入れなければいけない”としたら、あなたはどんな気持ちになりますか?憂鬱な気分や不安な気持ちに駆られるという人も多いのではないでしょうか?これは、相手の厚意や善意を踏みにじった、または自分のために予定を空けておいてくれたことへの申し訳なさからこういった気持ちになるのです。

これは大きな間違い。実は、曖昧な返事やはっきりしないどっちつかずの態度、ギリギリまで返事をしないのは“相手に不安や不信感を抱かせるだけ”です。そう、この相手の気持ちを汲み取ろうとする“いい人”は最終的に相手を困らせるだけなのです。

これは恋愛においても同じで、いつまでも相手に期待を持たせておいていざという時に「ごめんなさい」は余計に相手を傷つけるだけなのです。

女性からの『会いたい』という好意の気持ちに答えられないようなら、早い段階で自分には好意がないということを知らせてあげることでお互い傷つかずに済むのです。

上手な断り方は「感謝+否定」

女性からの『会いたい』という好意の気持ちを断るためにはまず、相手の女性が伝えてくれた気持ちを受け止めてあげる必要があります。

『断る』というと相手の気持ちを無視した否定的な言葉が思い浮かぶかもしれません。ですが、否定的な言葉は相手の女性の好意は行き場所がなくなり、「勇気を出した私の気持ちはなんだったんだろう」と女性は大きくショックを受けることになってしまいます。

まずは、相手の女性の気持ちに対して、

「こんな俺に会いたいといってくれてありがとう」
「こんな俺に心を寄せてくれて嬉しいよ」

と、感謝の気持ちを伝えて、「あなたの気持ちは伝わってるよ」ということを示してあげましょう。

そのあとに、

「でも、君の気持ちには答えられない」
「でもごめんね、他に好きな人がいるから会えない」

と、丁重にお断りすることです。

相手の女性は、勇気を振り絞ってあなたに好意を示しています。そのことを無碍にしないように「感謝+否定」で紳士的にお断りするようにしましょう!

女性の会いたいはあなたの愛情確認

いかがでしたか?

女性の『会いたい』は本当に会いたいのではなく、会いたいとあなたも思ってくれているかの確認です。女性も今すぐに会えないことくらいわかってます。

それに対しての返事は「今は会えない」ではなく「“俺も”会いたい」と気持ちの共有をしてあげることが大切です。

もし、相手の女性の好意に答えることができないのならば、“いい人”は捨てて、早い段階で断ることでお互い傷つかずに済みます。断るときは相手の好意のアピールを無碍に扱わず、「感謝+否定」を使って紳士的に丁重に相手をなるべく傷つけないようにお断りするようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。