雨の日の臭いとジメジメ 部屋の換気方法は?窓を開けっ放しにしても大丈夫?

の日が続くと部屋の換気ができず部屋に嫌な生活臭や湿気のジメジメがこもってしまうことってありますよね?

特に梅雨や夏場の長雨のジメジメと臭いがこもってしまって気持ち悪いですよね。かといってエアコンの除湿機能を使うよりも空気自体を入れ替えて臭いやジメジメを取りたいという時も。しかし、雨の日に窓を開けて換気をするときになるのは湿気です。

そこで今回は、雨の日に窓を開けて換気しても大丈夫なのか?雨の日にオススメの換気方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

雨の日のジメジメや臭いが部屋にこもるのはなぜ?

梅雨や夏場の長雨の部屋のジメジメや嫌な臭い。ジメジメは湿気によることはみなさんご存知だと思います。

特に日本は湿度が高いと言われていて、日本の平均湿度は約60〜70%、夏場では75%を超える蒸し暑さ。

日本は雨が多いことも特徴で年間を通してほんの少しでも雨が降った日は100日ほど。3日に1回は雨が降る計算になります。その二つが重なり日本のジメジメを引き起こしています。

雨が降ると部屋が臭いのはなぜ?

雨が降ると部屋がカビっぽいような生活臭のような独特の匂いがしますよね?

これは梅雨や長雨によって部屋にこもってしまう菌やカビの悪臭成分が原因です。部屋の湿度が上がることで菌が繁殖しやすい環境になってしまうため部屋の臭いがきつくなってしまうのです。

特に<>u湿気が高くなるとカビが繁殖しやすくなるためカビの悪臭成分も活発化し、余計に臭いがきつくなります。

雨の日の部屋の換気方法は窓を開けっ放しで大丈夫なの?

この湿気の対策として一番有効なのは部屋の換気です。部屋の空気を入れ替えることでこもってしまった湿気を取り除くことができます。

ですが、雨が降っているのに窓を開けて換気をしたら「余計に湿気が入ってくるのでは?」と思ってしまいますね。湿度が上がり余計にカビが発生してしまうのではないかと不安になります。

では、雨が降っているのに換気のために窓を開けっ放しにしても大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

確かにカビは湿気の多い場所に生えやすいですが、湿気だけでカビが生える訳ではありません。

カビの生えやすい環境の条件として以下の三つが挙げられます。

・室温20度〜40度で湿度70%以上の環境。

・カビやホコリの餌となるものがある環境

・空気の動きがない環境

この中で最も注目したいのが空気の動きがない環境です。

換気をすることで空気も動き、室温も変化し、室内の湿気も外へ移動します。

そのため、雨の日でも窓を開けて換気をすることで、ジメジメとした湿気や匂いの原因のカビの原因を半分以上解決することができます。

雨の日の部屋のおすすめの換気方法は?

雨の続く日でも窓を開けて換気したほうがジメジメや匂いを抑えることができるということですが、ただ単純に窓を開けっ放しにしただけでは部屋の空気は循環しません。

そこで、雨の日の部屋のおすすめの換気方法をいくつかご紹介します。

窓を二箇所開ける

空気を入れ替えるには風の流れを作る必要があります。そのため部屋の窓を二箇所開け、風の通りを良くしましょう。10分から15分程度空気を動かすことで室内の空気は入れ替わります。

窓が二つない場合は玄関を少し開けておくなど風の通りを良くしてあげればOKです。

注意は雨が吹き込むほど強い雨の日は開けないようにしましょう。せっかく空気が入れ替わったのに振り込んだ雨で湿気が上がってしまいます。

窓を開けて換気扇を回す

台所などの換気扇を回すことで室内の空気を外に出す効果があります。そのため窓を開けて換気扇を回すことで窓からの空気を部屋を通して換気扇へと循環することができます。

例えば窓が一つしかないワンルームに住んでいる場合はこの方法で部屋の換気をすると風の流れが生まれ、室内の湿気を外へ移動することができます。

扇風機やサーキュレーターを使う

冷房器具の扇風機やサーキュレーターは稼働させることで風を生む家電ですが、羽の後ろから空気を吸い込んで前方に押し出す仕組みになっています。窓を開けて室内に向けて稼働させることで外の空気を取り込み部屋の空気を動かしてくれます。

二箇所の窓を開けた場合は一箇所の窓の前に置くだけで大丈夫です。窓を一箇所しか開けられない場合も空気の対流が生まれるため湿気対策には効果的です。

最後に

雨の続く日は窓を閉めっぱなしにしがちですが実はそれは逆効果です。湿気が室内にこもってしまいジメジメや嫌な臭いの原因になってしまうのです。

窓を開けて空気の流れを作ってあげれば気になる臭いやその原因のカビ対策にも効果的。一回10分から15分程度の換気を目安に雨の日でも部屋の換気をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。