LINEでデートの誘い方 女から誘うのはあり?誘ってくれない男性の心理は?

LINEなどのSNSの普及により友達や家族、恋人と簡単にやり取りができるようになりました。しかし、それに伴った悩みも現代人の頭を悩ませますよね。特に恋愛の駆け引きに苦労している女性も多いのではないでしょうか?

今回のお悩み解決は、気になる男性がデートに誘ってくれない場合女性からデートに誘うのはありか?という疑問にお答えしますね!

女性からデートに誘うのはありか?誘い方は?誘ってくれない男性の心理って?悩ましいこの疑問を解決してスッキリしましょう!

スポンサーリンク
  

LINEでデートの誘い方 女から誘うのって?

気になる男性がデートに誘ってくれない。そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

初デートに誘ってくれない。数回デートしてからぱったり誘われなくなった。など様々な理由があると思います。誘ってくれないのなら女性側からデートに誘ってしまいたい。でもこんなことをして「この子がっついているなあ」と、思われるのも嫌ですよね?

そこで今回は、女性からデートに誘うのはありか?その誘い方は?といった女性のお悩みを解決していきましょう!

女からデートに誘うのはあり?その方法は?

女性からデートに誘うのはあり?

女性からデートに誘うのは勇気がいりますよね。

「なんかこの子ガツガツしているな」
「断られて変な空気になったらどうしよう」
などと、男性にどう思われてしまうか心配になってしまいますよね。

でも、そんな心配をしている女性に朗報です!

ある男性を対象としたアンケートで、”女性からデートに誘われて嬉しいですか?”といった質問に対して嬉しいと回答が9割を超えて圧倒的多数派に。そして女性からのデートのお誘いの成功率は男性が女性をデートに誘った時に比べて倍以上の成功率になるのだとか。

女性からのお誘いは純粋に嬉しいと感じる男性がほとんど。あまり堅く考えず気軽の声をかけてみましょう!

女性からデートに誘うと成功率が高い理由って?

・男性がデートに誘う時に比べ警戒心がない

・男性はそこまで深く考えていない

・男性がデートに誘われる回数は少ないので嬉しく感じる

こういった要素が女性からデートに誘った時に成功率が高くなる要因と言えます。

男性の恋愛傾向はデートで会って一緒に時間を過ごすうちに、女性の性格や長所を理解し、少しずつ好きになっていったということが多く、ほとんどの男性が「せっかく誘ってくれたのだから」と、女性に誘われても悪い気がしない人が多く、デートの誘いを受けていると言われています。

また、男性は好意の有無に関係なく、デートに対してそこまで深く考えていないため、「とりあえず行ってみようかな」と、断るケースが少ないというのも理由の1つと言えるでしょう。

デートの誘い方は?

とは言ってもどうやって誘うのが良いのか悩ましいですよね?男性は女性からどのようにデートに誘われるのが嬉しいのでしょうか?

タイミングはが大切!

女性から男性をデートに誘う場合、最も気を付けなければいけないのが「タイミング」です。

男性をデートに誘う場合は自分都合ではNGです。

男性が忙しければどんなに上手な誘い方を心得ていても断られてしまう可能性が高いでしょう。せっかく勇気を出してデートに誘っても忙しい時に誘ってしまって話が流れてしまうと気まずい雰囲気になりかねません。前もっていつなら空いているか相手の都合をリサーチしてから誘いましょう!

また、同じ職場の男性の場合、ランチや仕事終わりにご飯に誘うなど自然な流れで誘うことが効果的でしょう。

予定は具体的に決める

女性からデートに誘う場合、男性に気を遣って相手に予定を合わせてしまいがちですが、予定や候補日は具体的に提示して誘いを掛けることを心がけましょう。

「今度ご飯いきましょう」や「私はいつでも空いてるので」など曖昧な誘い方では社交辞令と勘違いされてしまい、なかなかデートに行けないといったことになりかねません。

具体的に、「来週の何曜日空いてる?」や、「何曜日か何曜日仕事終わりにご飯でも行きませんか?」など具体性を持たせてあげると男性も気軽に返事がしやすく、具体的な返事が返しやすいでしょう!

理由や目的を付けて誘う

ただ誘うだけではなく、誘う理由や目的を付けておくと成功しやすいでしょう。

男性が深く考えなくても気軽にOKが出しやすいような誘い方をすると成功率が上がります。

相談事がある

誰でも断りにくいのが「相談に乗って欲しい」と言った言い回し。

仕事や友達関係、他にもパソコンなど電子機器選びや家具の組み立て方など相談事は探せばいくらでも捻り出すことができます。相手の得意分野についての相談をわかりやすく教えて欲しいなどと言った誘い方が効果的でしょう!

相手の趣味に便乗する

相手の趣味がわかっている場合は相手の趣味に便乗する誘い方が効果的です。

スポンサーリンク

スポーツ観戦や好きな食べ物、お酒や運動などをLINEや会話でリサーチして「私も行ってみたい」や「食べたいからオススメのお店に連れて行って」などと言った誘い方が効果抜群。

彼のお気に入りの場所や趣味なら断る理由もないのでOKしてもらいやすくなるでしょう!

駆け引きしすぎはNG!

なかなか誘ってくれないからと自分から、「週末暇だから誰か暇な人いないかなー」や「あの映画見たかったけどもうすぐ終わっちゃうんだよなー」など曖昧に遠回しに誘ってくれるように駆け引きするのはNGです。

いかにも誘わせようとしている下心が丸見えで男性の気持ちも冷めてしまいかねません。

相手があなたに好意を抱いていないのであればこのようなアピールは全く意味がありません!
しかし、「誘われる気配がない=誘っても断られる、好意がない」とはという意味ではありません。

勇気を出して素直に自分からデートに誘ってみましょう。

デートに誘ってくれない男性の心理は?

ところで、「誘われる気配がない=誘っても断られる、好意がない」と先述しましたが、誘ってこない男性にはどんな心理が働いているのでしょうか?

初デートを誘ってこない場合や数回デートして誘われなくなったなど「デートに誘ってくれない男性」は一体どんな心理なのでしょうか?

自信がなく断られるのが嫌だ

いい感じに連絡を取り合っていても初デートにすら誘ってこない男性は自分に自信がなくコンプレックスを抱いている人。

こういった男性は誘いたくても誘えない、誘い方がわからないというパターンですね。学生なら運動神経や成績の良さで自信を持つことができます。しかし、社会人になると容姿やスタイルよりも経済力が男性の自信に繋がります。

こういった男性は「自分なんか」という意識があるため女性に対しても積極的になれません。そのため、誘っても相手にしてもらえないのではないかと気にしてしまうところがあるためデートに誘えないのでしょう。

誘うことで勘違いされたくない

仕事が忙しかったり、相手に好意を抱いていない場合もデートに誘って変な誤解を与えてしまうのが嫌だと思いデートに誘ってこない男性もいます。

男性としては友達として、遊びで誘ったつもりなのに相手の女性が自分に好意を持ってしまうことを避けたいのであえてデートに誘ってこない可能性があります。

この場合の男性は、あなたが男性に対して好意があることを気づいている場合があります。好意に気づいているということはアタックしやすいので積極的に自分から誘いましょう。

共通の友達や仲間が多い

共通の友達や仲間が多いとデートに誘いづらいと感じる男性も多いようです。

特に職場やサークルなどの間柄だと「うまくいかなかった時の気まずさを考えて慎重になってる」「周りにいじられるのが怖い」といった心理が働き一歩を踏み出せないでいる可能性が高いです。

これは自己犠牲が怖いから踏み出さない「低め安定志向」によるものでしょう。

脈なしだと思われている

数回デートをした後ぱったりデートに誘われなくなったというパターンも多いのではないでしょうか?

この場合相手はあなたに好意がある可能性が高いです。

ですが数回のデートで、あなたが相手の男性に好意がないと勘違いさせてしまっている可能性が高いです。

「あまり楽しそうでなかった」「つまらなそうにしていた」と直接的な理由から「LINEなどのメッセージの返信が遅くなった」など相手の男性の気持ちを考えずに知らず知らずのうちに自分から遠ざけている場合があります。

LINEの内容や返信スピード、デート時の立ち振る舞いに気をつけて相手の男性に気を使わせないようにしましょう。

「誘ってほしい」は一旦封印!

男性もよほど嫌いな相手でもない限り、二人きりで会いたくないとは思いません。そもそも行為が全くないのに定期的にLINEなどで連絡を取り合ったり、メッセージの返信はしてくれません。

彼から誘ってほしいという女心はわかりますが、ここはあまり気にせず気軽に彼を誘って距離を少しずつ縮めていきましょう!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。