ハロウィンの海外事情 お菓子や食べ物は?アメリカ伝統料理って?

近年、日本でも秋のイベントとして定着しているハロウィン。ですが、ハロウィンについてよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

せっかくならハロウィンの海外での伝統的な料理を作って食卓をハロウィンらしくしたり、ハロウィンの伝統料理を持ち寄ってパーティを開催したい。

そんな方ために今回は、ハロウィンで食べられているお菓子や食べ物、伝統料理をご紹介しましょう。

スポンサーリンク
  

ハロウィンに海外で食べられているお菓子や食べ物は?


出典:http://inshoku-support.jp/982/

ハロウィンはアメリカやカナダなど欧米の民間行事のイメージがありますが、起源はヨーロッパのアイルランドのケルト民族の夏と冬の境目を祝う風習が始まりとされています。

本場のケルト民族で古くからハロウィンで食べられているのはジャガイモ料理やりんごやナッツといった秋の味覚だそう。アイルランドではジャガイモを使ったパンケーキやバームブラックと言われるケーキの中にボタンや硬貨、指輪を入れたお菓子がこのハロウィンの時期に食べられてきたと言われています。

そして、ハロウィンのイメージの強いかぼちゃの中身をくり抜いたジャックオランタンですが元々ケルト民族では、かぼちゃではなくカブをくり抜いていました。

ハロウィンの食べ物はアメリカやアイルランドではどんなものが食べられている?

近代ではハロウィンはアメリカの民間行事として広く知られていますが、アメリカに移住したアイルランド人がハロウィンを伝えたことがアメリカでのハロウィンの起源です。

今ではアメリカではハロウィンは秋の収穫祭として祝われていますが元々、アイルランドでは先祖の霊を供養してこの世にいる悪霊を追い出すために仮面を被ったり、魔除けの焚き火をしていたことがハロウィンの始まりとされています。

では、そんな秋の収穫を祝うお祭りで、アイルランドやアメリアではどんなものが食べられているのでしょうか?

ボクスティ


出典:https://ailovei.com/?p=41693

ボクスティはジャガイモのパンケーキでアイルランドではボクスティを作れないとお嫁にいけないとも言われているアイルランドの家庭料理です。

ボクスティは、アイルランド語で「貧しい人を救うパン」という意味があり、ジャガイモを主食としてきた先祖の歴史を思いながらハロウィンに食べられるようになりました。

コルカノン


出典:https://ailovei.com/?p=41693

アイルランドの伝統料理でマッシュポテトに野菜を入れた料理です。コルカノンはアイルランドでは定番の家庭料理で、ハロウィン以外でも人気の料理として家庭の食卓に多く並びます。

バーンブラック


出典:http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink/sweets/20832

アイルランドでハロウィンに食べられているバーンブラックはドライフルーツが入ったハロウィンには欠かせないケーキです。

ケーキの中に指輪や硬貨を入れておき、切り分けた時にこれらのものが入ったケーキを食べた時、入っていたものによって運勢が決まるというもので、アイルランドの伝統的なお菓子です。

硬貨なら金運、指輪は結婚運、ボタンは争い事、布切れは貧乏などいろいろな意味のあるお菓子です。

スポンサーリンク

デビルエッグ


出典:https://countryviewmarketonline.com/recipes-easter-yummy-filled-eggs.html

アメリカのハロウィンで欠かせないのがデビルエッグという卵料理。ホラーな見た目の料理でアメリカのハロウィンでは必ず食卓に並ぶ料理です。

ゆで卵を半分に切って黄身の部分をくり抜き味付けをして白身のくぼみに盛り付ける料理で見た目も映える料理ですね!

パンプキンパイ


出典:https://entabe.jp/news/gourmet/14010/little-pie-factory-pumpukin-pie

かぼちゃがハロウィンで食べられるようになったのはハロウィンがアメリカに伝わってからだと言われています。

そんな本場アメリカでハロウィンに食べられているのがパンプキンパイです。パンプキンパイでもナッツなどハロウィンで食べられる木の実を盛り付けたものが定番でハロウィンの食事のデザートに登場します。

その他、かぼちゃ料理では、パンプキンシチューやかぼちゃグラタン、かぼちゃスープが定番料理として食べられています。

キャラメルアップル

出典:https://matome.naver.jp/odai/2144436290824735301

秋の味覚のりんごもハロウィンでは幅広く食べられています。りんご飴のキャラメル版のようなもので、まるごとのりんごやスライスしたりんごにキャラメルをかけたお菓子です。

りんごには魔除けの効果があると言われていて、ハロウィンの時期に収穫されるりんごはハロウィンの料理やお菓子に多く使われています。

ナッツ


出典:https://www.lifehacker.jp/2014/09/140901_cafeglobe_nuts.html

秋の収穫の象徴としてハロウィンで食べられているのがナッツなどの木の実。収穫のお祝いのするハロウィンでは定番で、料理に使ったりそのまま食べたりとアイルランドやアメリカでは好んで食べられています。

ハロウィンの伝統料理って?

いかがでしたか?

ハロウィンの伝統料理とは、「秋に収穫される食べ物」を使った料理です。

最近では、ハロウィン風にアレンジしたパスタやピザがアメリカのハロウィンでは多く食べられていますがその伝統的な習わしではジャガイモやかぼちゃ、りんごやナッツなどの秋の味覚が食べられているようですね。

今年のハロウィンはそんな秋の味覚を使った料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。