夏休みの女一人旅 海外旅行で安く行ける国のビーチリゾートおすすめ4選

休みに一人でふらっと海外旅行なんて憧れますよね。毎日仕事で疲れて一人でゆっくり過ごす機会の少ない方は特に海外のビートリゾートでゆっくり過ごせたら仕事の疲れなんて一瞬で吹き飛んでしましまいます。

でも、せっかくの取れた夏休みでもどこに行くにも夏休み期間中は高いイメージ。海外旅行なんてとてもじゃないけれど。と、諦めてしまうのはもったいない!夏休みでも日本からでも安く行けるビートリゾートのある国がたくさんあります。

そこで今回は、女の一人旅で行きたい費用が安くておすすめの海外のビートリゾート4選をご紹介します。

スポンサーリンク

夏休みの女一人旅におすすめの海外のビーチリゾート

夏に海外のビートリゾートといえば空、海、白い砂浜。たまには一人気ままに何の縛りもなく海外のビートリゾートでゆっくりしたい。一人旅の魅力はそういった非現実的な時間を過ごせるところではないでしょうか?

でもいくら一人旅と言っても夏休みに海外旅行って費用が心配。と思っている方も多いでしょう。でも実は、海外のビートリゾートでもお手軽な費用で旅行を楽しめる国はたくさんたるのです。

夏休みの海外旅行でも費用が安く行ける国?

ちなみに、夏休みの海外旅行の費用って、普段とどのくらい違うのでしょうか?

最も大きな違いが出るのがやはり航空券。夏休み前の7月の第1週と7月の最終週で比べてみると約1.5倍の値段の差になります。特に人気の観光地のハワイやグアムは航空券だけでも1.5倍以上の差が出てしまいます。

では、夏休みに費用を抑えて安く行ける国はどんなところがあるのでしょうか?

夏休みの女一人旅で費用を抑えたいならは東南アジアがおすすめ!

女一人旅で費用を抑えたいならは東南アジアがおすすめです。

・インドネシア
・マレーシア
・ベトナム

といった東南アジア諸国にはたくさんのビーチリゾートがあります。そしてなにより、物価も安く、日本から近いので旅費用を抑えることがでます。

夏はアイランドビーチリゾートが人気でベストシーズンですが東南アジア諸国ならば人気のビートリゾートでも比較的安価に過ごすことができます。

ツアー次第では10万円以下で旅行することもでき、国内旅行よりも安く旅行することができるのが東南アジアの魅力ではないでしょうか?

夏休みに女一人旅での海外ビートリゾートのおすすめ4選

バリ島 インドネシア


出典:https://sumikiki.com/bali-osusume-hotels/

南半球に位置するバリ島は日本の夏の時期、8月には冬にあたります。冬といっても年間平均気温が約28度のバリ島は冬の時期でも平均26度前後と暖かく、乾季なので風も爽やか、そして物価の安さがバリ島の魅力です。

スポンサーリンク

比較的リーズナブルに高グレードのリゾートホテルに宿泊することができ、至れり尽くせりのサービスで優雅な旅を過ごすことができます。

参考予算:20万円前後(4日間〜5日間)

レダン島 マレーシア


出典:https://www.booking.com/hotel/my/redang-holiday-beach-villa.ja.html

マレー半島の東側は日本の夏にベストシーズンを迎える貴重なエリアです。
そのマレー半島の東側に位置するレダン島は東南アジアのリゾートビーチでも1、2を争う美しいビーチと言われています。周辺の島も人気のリゾートアイランドが点在し、ダイビングやスノーケリング、ジャングルトレッキングなど様々なアクテビティを楽しむことができます。

以前はアクセスしにくかったため、マレーシア西海岸にあるペナン島、ランカウイ島に比べ知名度はまだ低いがクアラルンプールからの直行便が就航しはじめ、交通の便も良くなったことから最近注目を集めています。

参考予算:8万円〜20万円(5日間)

ダナン ベトナム


出典:https://hotels.his-j.com/HotelDetail/DAD00244.aspx

ハイノとホーチミンの中間に位置するダナンは近年リゾート化が進む注目のアジアンビーチの一つ。世界遺産の古都ホイアンも近く、安くて美味しいベトナム料理を食べることができるのがポイントです。

日本からの直行便もあり、直行便だと約5.5時間程度で行くことができるので弾丸旅行にもおすすめ、ベトナムではおしゃれなカフェが若者の間では大人気なのでおしゃれ好きの女子にはぴったりの旅先ではないでしょうか?

参考予算:7万円〜20万円前後(4日間〜5日間)

ロンボク島 インドネシア


出典:https://bahtera.jp/theatre-state/

インドネシア・バリ島から飛行機で約25分、第2のバリ島として注目を集めているロンボク島は、美しいサンゴ礁を間近に楽しむことができ、ダイビングやスノーケリング、サーフィンなどのアクテビティも充実した注目のアジアンビーチです。

エメラルドグリーンの海、きめ細かな白砂は楽園をイメージさせ、隠れ家的ビーチを楽しみたい人には必見のビーチリゾートです。

島自体は小さいですが、宿泊施設が充実していて、ホテルやバンガローでの宿泊が南国気分を十分に味あわせてくれます。

参考予算:13万円〜25万円(4日間〜5日間)

最後に

いかがでしたか?東南アジアに訪れる際に注意しなければいけないことが国や地域によって雨季に入ってしまう地域があるということです。

今回紹介した国やビーチリゾートは7、8月に時期はベストシーズンですが、フィリピンやタイ、マレーシアでも地域によっては雨季にはいいてしまいますので事前に下調べをすることが望ましいでしょう。

夏休みの癒しのビーチリゾートを青い空、青い海の下で楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。