バーベキューの肉の種類でおすすめは?一人分の肉の量や肉以外の食材は?

はまさにバーベキューの主役!バーベキューで食べるお肉は雰囲気もプラスされ格別美味しく感じますよね。

でも、肉と言っても牛肉や豚肉、鶏肉と色々な種類があります。さらに部位によっても違いがあり、どんなお肉がバーベキューに合うのかって難しいですよね?それに、バーベキューで一人が食べる肉の量がどのくらいか予想するのも難しい…

そこで今回は、バーベキューにおすすめの肉の種類や一人当たりの肉の量をご紹介しますね!

スポンサーリンク

バーベキューの肉の種類でおすすめなのは?

牛肉

バーベキューといえば分厚いステーキ!牛肉は分厚いカットが特徴的なバーバキュー映えのあるバーベキューには欠かせない種類の肉ですね。

ヒレ


出典:https://item.rakuten.co.jp/aomori/10002684/

サーロインの内側にある部位で最も運動しない筋肉なので柔らかいのが特徴です。脂身がほとんどないためヘルシーで参加者に女性が多い場合はおすすめの一品です。

ただし、赤身の多い分焼きすぎると固くなってしまうため、焼きすぎには注意が必要です。少し上級者向けの部位といえます。

リブロース


出典:https://miyazaki-wagyu.jp/category/item/bui/12/

サーロインと肩ロースの間の部位で牛肉の中でも最も厚みのある部位のリブロース。ジューシーな霜降りがあることが特徴でアメリカやオーストラリアでは最高級部位としても知られています。

肉の繊維の方向が一定で切りやすく初心者にも扱いやすく人気な部位です。お肉屋さんに頼んで厚めにカットしてもらうとバーベキューの網の上が豪華になります。

サーロイン


出典:https://www.matsugyu.com

豪快にバーベキューでステーキを楽しむならサーロイン!リブロース同様、肉の繊維の方向が一定なので切りやすく扱いやすい部位です。

サーロインは牛の背中の肉で赤みが多く、網の上だと脂が下に落ちてしまうバーベキューにはぴったり。網の上でドカンと大きなサーロインを焼くと見栄えも良くなりバーベキューが盛り上がりますね!

豚肉

豚肉は牛肉に比べ安価でアレンジを加えやすいのでバーベキューには欠かせないお肉ですね。そのまま焼いてもよし、料理の具材にしてもよしの万能肉ではないでしょうか?

バラ肉


出典:http://mall.izumi.coop/~kantancook/?p=110

肉の中でも調理しやすくすぐに焼けるのでバーベキューにはぴったりのバラ肉。そのまま焼く以外にも焼きそばや野菜と巻いて食べるなどアレンジがしやすく食材が余るロスも出にくくお財布にも優しい豚肉です。

ロース


出典:https://www.bachhoaxanh.com

ロースは豚の背中の筋肉質の部位で消えが細かく脂の乗りも丁度いいバーベキューに人気の部位です。脂身の多いバーベキューには口直しにさっぱりとした豚ロースを挟むのがオススメです。

ただし、豚ロースは焼きすぎると赤みがパサつきやすいのでオリーブオイルを塗るなど保湿してから焼くと良いでしょう。

スペアリブ


出典:http://shop-e298.com/products/detail.php?product_id=175

バーベキューのロマンが詰まった骨つきのスペアリブ。骨の周りの肉にかぶりついて食べるダイナミックな食べ方が醍醐味の部位ですね!

本場アメリカのバーベキューの雰囲気を連想させる最強の役者ではないでしょうか?

鶏肉

ヘルシーなお肉を代表する鶏肉。楽しいバーベキューでも脂っこい肉ばかりだと飽きてしまう。特に女性はヘルシーなお肉を食べたい方が多いですよね?そんな時は鶏肉を用意しておきましょう!

スポンサーリンク

鶏モモ


出典:https://takuhai.daichi-m.co.jp/Goodsdetail/03501012

よく焼いてもパサつきにくくふっくら仕上がる鶏モモ。初心者にも扱いやすく人気の部位ですね。

薄くスライスして焼いてもそのまま鶏モモステーキにしても良しの使い勝手が良いのもおすすめの理由です。

手羽先


出典:http://mall.izumi.coop/~kantancook/?p=498

鶏の羽の部位の肉の手羽先。焼けた皮が香ばしく旨味があり、子供が参加するバーベキューにはおすすめです。

そのままかぶりつくスタイルがバーベキューの雰囲気をより演出しますね!

その他の肉

ソーセージ


出典:http://mariage.wine-temiyage.com/great-wines-for-sausage/

バーベキューといえばソーセージは欠かせないのではないでしょうか?基本的には豚肉で作られるソーセージ、最近ではいろいろなフレーバーのものや鶏肉のものも売られています。

子供にも大人にも人気が高く網の上をイメージした時にソーセージは欠かせませんね!

ベーコン


出典:https://www.tsukubaham.co.jp/shop/item/bacon/

味付けの必要がないベーコンは厚切りのものがバーベキューにはおすすめ。薄切りのものでもカリカリに焼いても旨味がありバーベキューの脇役ながら人気の一品ですね!

ハンバーグ


出典:http://www.yoshimi-ism.com/restaurant/yokohama.php

お子さんのいるバーベキューならおすすめのハンバーグ!焼くのも簡単で変わり種としても人気の高い肉でバンズに挟んでハンバーガーにするのもおすすめです。

バーベキューで一人分の肉の量ってどのくらい?

バーベキューで最も悩ましいこと。それは、一人当たりの肉の量ではないでしょうか?多すぎるとロスが出てしまったり、少なすぎても満足できず丁度良い量がどのくらいなのか悩ましいですね。

バーベキューでの成人男性の肉の量は一人当たり150g〜200g程度を基準とすると良いでしょう。

バーベキューでは思ったほど肉ばかり食べられないものなのですね。

これに男女比や子供の有無、他の食材との兼ね合いを考えて調節することが望ましいでしょう。成人女性の場合一人当たり100g〜150g、お子さんの場合100g程度を目安位してみましょう。

バーベキューで肉以外の人気の食材は?

バーベキューといえど、肉ばかり食べることはできませんよね?でも、そんな色々な食材を焼いていたら費用がかさばってしまいます。そんな場合は肉を利用した料理を使うことがおすすめです。

肉を利用したバーベキューの料理はどんなものが人気なのでしょうか?

焼きそば


出典:https://chefgohan.gnavi.co.jp/detail/3313

豚ばら肉を使って作ることができる焼きそばはバーベキューでも人気の高い食材。豚バラ以外は麺とキャベツとソースを準備すれば簡単に作れてしまう一品ですね!

ホットドッグ


出典:https://macaro-ni.jp/49729

ソーセージをパンに挟むだけで簡単にできてしまうホットドッグは子供にも人気!バンズに挟めば手を汚すこともなく食べることができるので立ったままのバーベキューにおすすめです。

ハンバーガー


出典:https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/1722

ホットドック同様バンズに挟んで食べることのできるハンバーガー。アメリカンなバーベキューを味わいたいなら欠かせないですね。

チーズやトマト、玉ねぎなど、一緒に挟む具材も自分でアレンジできるので色んな味を楽しめるのがいいですね!

最後に

他には焼き野菜や魚介など思いついたらきりがないバーベキューの食材。でも、肉のないバーベキューはバーベキューではないと言っても過言ではないですね。

バーベキューの主役である肉をしっかり押さえてバーベキューに挑みましょう!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。